第3の愛─知られざる新宿の朝昼キャババイトの真実─

プロフィール

プロフィール

私のプロフィールについて。
なんだか私の半生について語るようでちょっとだけ気恥ずかしいですね(笑)

私は小さい頃からイラストレーターを夢見て、メディア系の専門学校に入学。専門学校卒業後は普通のOLとして働き始めました。
OLをしながらちょっとずつイラストを発信して、ゆくゆくはイラストレーターとして仕事をしていきたい、という期待を持っていました。

でも仕事が想像以上に忙しくて、イラストに時間を割くことが難しくなっていき・・・・・・。
だんだん絵に触れる機会も減って行った時、このままでは良いのかな?という不安に駆られました。

このままOLを続けていっても大して出世はできないですし、そもそもイラストレーターという夢を諦めることはできませんでした。

そして24歳になった時、親の反対を振り切って会社を辞めました!

職業的にはフリーのイラストレーター。
でも仕事を辞めてイラストを描く時間が取れたからと言って、簡単にイラストの仕事がもらえるワケもなく・・・・・・。

イラストを描く時間を優先しつつ、効率よく短時間で生活費を稼ぐことができるバイトがないか調べていたところ、昼キャバの求人を見つけたんです。

シフト自由、ノルマも無し、なにより高時給なところに惹かれ(笑)
イラストを描く傍ら昼キャバの仕事を始めました。

最初は生活費のためだと思って仕方なく働いてましたが『頑張ればそれだけお金として結果が出るキャバ嬢の仕事もなかなか面白い!』そう思えるようになりました。

もちろん今もイラストレーターとして食べていきたいという夢は捨てていません。
ですがこんな私を拾ってくれた昼キャバの店長には感謝してますし、いつかは昼キャバの仕事をイラストエッセイとして出すことができたら・・・・・・と密かに画策しています(笑)

このブログでは、そんな私の昼キャバの仕事内容のメモ的な感じで、ゆる~くわかりやすく書いていけたらと思っています♪

昼キャバはこんな女性に向いている